自分だけではない

先にも触れた通り、一般的な怪我や病気とは異なり(もちろん、一般的な怪我や病気であっても人に話すのがはばかられる事もあります)、包茎と言うのを人に相談するのは非常に勇気がいる事です。しかも、「自分だけが変な形をしていたりするのでは無いか」と思うと余計に病院にも相談しづらいものです。ただ、ここで問題提起したいのは「本当に自分だけが包茎なのか?」という根本も根本の基本の「き」の問題です。

サイトの冒頭部分でも触れた通り、包茎手術について週刊誌やスポーツ新聞、インターネットサイトなどなど多種多様なメディアで紹介されています。これだけ多くのメディアで触れられるという事はそれだけ「包茎で困っている人がいる」、「包茎手術を受けようか迷っている人がいる」という事です。さらにその根拠を挙げますと日本全国各地の至る所に男性向け施術をおこなっている美容成形院やクリニックがある点です。非常に単純な論理で患者が多くいるから病院も日本全国に点在している訳です。

なので、あまり「自分だけがそうなのでは?」、「ひょっとしたら相談したり治療を受けたりしているのは自分だけでは無いか?」と考えずに医療機関に相談してオーダーメイドによる施術をお勧めします。